PROFILE

プロフィール

はじめまして。横浜のネイルサロンP O U P O N(プポン)のネイリスト、吉田杏菜と申します!

「どんな人がネイルをしてくれるの?」と気になる方もいるかと思うので、ここでちょこっと、自己紹介をさせて頂きます♪

【名前】吉田杏菜(よしだあんな)

【生年月日】1988年11月4日生まれ

【出身】神奈川県横浜市出身

【星座】さそり座

【血液型】O型

【吉田が大好きなこと・もの】

キモノ、古い建物(国内外どっちも)、インテリア、お洒落、美容、寺社仏閣に行く、お神輿、お酒、料理、カラオケ、ディズニー、漫画やゲーム、2.5次元、など!

ダークファンタジー、ゴシック、クラシカル、大正浪漫、幕末…とか、ちょっと昔のものが好きな傾向です。

そんなわけなので、自宅の外観や内装は、結構こだわりましたし個性的なんですよ♪

◆◆ ネイリスト吉田杏菜の略歴 ◆◆

◆ネイリスト吉田杏菜の略歴

1988年11月4日、西薗(にしぞの)家の長女として誕生。

父が鹿児島出身で顔濃いめ&強面なのですが、小さい頃から父に似ていると言われていた私。

父に叱られているとき、本人は至って真面目に話を聞いていただけなのですが、その目つきの鋭さから「何睨んでるんだ!」と更に叱られること数しれず…。泣

そんな私は生まれて間もない頃から、目力がすごいある赤ちゃんでした。笑

生後1ヶ月くらいの私。この頃から目力が…笑

◆◆ 幼稚園 ◆◆

◆幼稚園

レースやヒラヒラが大好き!可愛いもの大好き!!な、ちょっと気弱でおっとりした性格だった幼少期。


お気に入りは、母のお下がりのレース手袋とショールでした。

今思えばこの時すでに、ファンタジーやアンティーク好きの片鱗があったかも。笑

◆◆ 小学校 ◆◆

◆小学校

幼少期はおっとりした性格だった私は、根が真面目だったので段々と優等生タイプに。笑

漫画やアニメが大好きで、セーラームーン、ふしぎ遊戯、神風怪盗ジャンヌなどの少女漫画はもちろん、封神演義、HUNTER×HUNTERなどの少年漫画も大好きでした。

絵を描いたり工作をして、魔法のステッキやアイテムを作るのが楽しかった頃。この時にはガッツリ、ファンタジー好きなオタク属性でした♡

そういえば、この頃私の人生で唯一の運動系の習い事(水泳)へ通っていました。

小学校時代はまだ、運動そこまで嫌いじゃなかった気がします。

同級生の中でも背は高め。でも小学校で伸びきった感…!!

◆◆ 中学校 ◆◆

◆中学校

絵を描いたり、物作りが好きだったので美術部に入部。顧問の先生にも恵まれて、さらに美術が大好きに!

授業ではやらない七宝焼やパステル画など、いろんな事を経験させてくれた先生には感謝しています。

 

真面目度が更にレベルアップして、3年間学級委員を務めました。

スカート丈は膝丈、メイクやオシャレに興味はあったけど、派手目なキラキラ女子に対しての苦手意識が半端なかった頃。

 

ギャルが怖い…、とすら思っていた私。あと数年もしたら、自分がその派手ギャルになるとはこれっぽっちも思っていませんでした。笑

◆◆ 高校 ◆◆

◆高校

英語が大好きだったので、国際交流や外国語などに力を入れている私立女子校に進学。

入学時は、英語を使って仕事をしたいと思っていた…はず。

女子校ということで、色々なタイプの女の子と知り合い世界が広がる。校則が厳しく、校内ではみんなスッピン&黒髪だったので、ギャルに対して見た目での苦手意識は特に抱かずに済んでいました。ここで初めて、ギャルは怖くない!ギャルは良い子ばかりだと知ることに。笑

そしてギャルちゃん達と仲良くなったことで、段々とメイクやファッションについて関心が強くなり、オシャレって楽しいと気付く。

1年生の時に友達から借りた音源がきっかけでDIR EN GRAY(ディルアングレイ)にハマり、そこからどんどんバンギャ化していきました。最初はパンクファッション、ゴシックロリータを着ていたけど、高校卒業の頃には盛り髪ギャル系のバンギャにチェンジ!!


高校3年生くらいからギャル化が始まったことで、ダイエットにも目覚める。ぽっちゃり体型→健康的な体型まで痩せ、念願の109系ギャル服が着られるように♪

そしてインディーズバンドにハマって通いだしたのもこの頃。恋心は人を変える。笑

この高校3年間が、私の人生において大きな転機と言えます。ここで知ったこと、触れたものが、今の私を作るきっかけになっているのだと思います。

高校1年生の夏休み、クラスメイトと弓ヶ浜に行った思い出。

まだまだ地味。

◆◆ アパレル店員時代 ◆◆

◆アパレル店員時代

可愛いギャルを目指し、ダイエットやヘアメイクを頑張った結果、憧れのショップで働けることになりました。

この頃、先輩スタッフの美意識の高さに影響を受け、徐々に美容マニアになっていきました。

毎月ネイルサロンでメンテナンスをしていて、スカルプチュア(長さを出すネイル)がメインでした。この頃少しずつジェルネイルが流行り始め、周りの勧めでジェルネイルにシフトチェンジ!


今思えば、当時は洋服を通して「女の子の可愛い・キレイのお手伝いをする」ということが大好きでした。

それが今はネイル(ネイリスト)に変わっただけで、本質は同じなんだなぁ、と思います。そこは昔からブレていません。だって、キラキラ嬉しそうな女の子の姿って、見ていて幸せな気持ちになりますよね♡

↑まだアパレル店員なりたての頃。すっかりギャル。

↑販売員になって少し経った頃。メイクやヘアセットなどを沢山教わり、だいぶそれらしくなってきました。笑

◆◆ 会社員時代 ◆◆

◆会社員時代

アパレル店員は楽しかったものの、段々と地元で働きたいと考えるようになり退職しました。

そのタイミングで、ひょんな事から地元企業の社長と出会ったのですが「人手不足だからうちで働いてみる?」とお誘いいただき、即Y E S!!とお返事をしました。


全くの未経験、畑違いの職種だったので、最初は戸惑いながら…でした。でも、社員の皆さん&職人さん達が我が子のように暖かく見守ってくれたおかげで、妊娠して退職するまでの5年くらい、楽しくお仕事させて頂きました。

初めての社員旅行だったグアム。この時はお肌真っ黒なギャルでした。笑

主人と知り合ったのはこの会社で、いわゆる職場結婚。結婚式には、社員総出でお祝いに来てくださいました♪

この頃には、ネイル好き&好奇心旺盛な性格が影響して、毎月セルフネイルをするように。

ハマるととことん!!な性格なので、本を買ったり動画を見たり、色々な方法で研究をしていました。こういうところで出てくるオタク気質。笑


結婚が決まってからお式までの間、社長夫人のご好意(もはや親心に近い)でお小遣い稼ぎの感覚でネイルをさせて頂いていました。

「ネイルのお代が、結婚指輪やお式の費用の足しになるように。」そんな想いでいてくださった社長夫人、奥さんのお友達、女性社員の皆さんには、今でも感謝しています。


最初の頃は緊張しながらだったネイルですが、段々と「女性をキレイにすることの喜び・楽しさ」を感じるようになり、更にネイルの魅力に取り憑かれていきました。

この頃から、「ネイリスト」というお仕事への憧れが強くなっていきました。

↑結婚式ではホテルのエントランスにハーレーを飾りました。個性&パンチ強め。笑

◆◆ 結婚&妊娠でおとずれた変化 ◆◆

◆結婚&妊娠でおとずれた変化

独身時代は、美容や自分のオシャレにお金と時間を使っていた生活でしたが、結婚を機に自分ペースの生活からパートナーに合わせた生活へと変化しました。

仕事後のジム通いができなくなり、ジワジワ太る自分にゲンナリ。段々とオシャレも楽しめなくなっていきました。


結婚2年目に娘を授かり、その年一杯で退職。妊娠初期からつわりがひどく、退職後も毎日のように寝込んでいました。

専業主婦なのに家事もまともにできない罪悪感と、思うように動かせない身体で、ストレスが溜まる溜まる…。


そんな中私の気持ちを明るくさせてくれたのは、大好きなネイルと着物でした。ここでふと、自分にとって「可愛くする・オシャレする」ことがどれだけ大切なのか気付きました。

臨月前の大きなお腹!着物+袴でマタニティ着物を楽しんでました♪

◆◆ 産後のウツウツとした日々の中で気づいたこと ◆◆

◆産後のウツウツした日々の中で気づいたこと

無事に娘が生まれ、新米ママとして奮闘する毎日。そんな日々を過ごすうちに、段々と社会から取り残されているような気持ちになっていきました。

慣れない子育て、毎日まともに眠れないから、段々とボーッとする頭。

そんな状態だから満足に家事もできなくて、毎日働いている主人に対して「何もできなくてごめんなさい」と、罪悪感を抱いていました。

仕事もしてない、家事もまともに出来ていない私が、自分を優先しちゃいけない。オシャレやネイル、美容に時間をかけるなんてダメ!ママらしくしないと…。

と、思い込んでいました。


そんな気持ちで過ごしていたある日、ふと自分の指先に目が止まりました。授乳や毎日の家事で、すっかり薄くボロボロになった爪を見ていたら、無性にネイルをしたくなりました。

「これはオシャレのためだけじゃなくて、弱った爪の補強!娘を爪で傷つけないためだし…これくらいは良いよね?」

誰に批判されるわけでもないのですが、最もらしい理由をつけて、セルフネイルをすることに決めました。

主人の休日に娘を任せ、ネイル道具を引っ張り出してネイルをしました。


するとまぁ、不思議。

爪がキレイになっていくにつれて、心の中のモヤモヤが少しずつ晴れていったのです。出来上がったのはシンプルなワンカラーでしたが、ツヤツヤと輝く自分の爪を見ていたら、女子力がガツンと上がった気がしてとても幸せな気持ちになりました。

「うわー、ネイル楽しい!大好き!なんかめちゃくちゃワクワクする!」


この時改めて、自分がどれだけオシャレすることが好きで、今までどれだけ我慢をしていたのか気付きました。そしてふと思いました。

「こんなに大好きなネイル、お仕事にしたい。私のネイルで、一人でも多くの女性にワクワクを味わってもらいたい!」

これが、私がネイリストを目指すきっかけでした。

◆◆ 念願のネイリストになる ◆◆

◆念願のネイリストになる

ネイリストになる!自分でサロン開く!と決めた後は、サクサクと進みました。家のこと・パート勤務の合間の時間でスクールに通い、ひたすら実技と学科の勉強。


不安に押し潰されそうになりながら、時には寝不足とも戦いながら、資格取得に向けてひたすら突き進む!


基礎からしっかり勉強をしたことで、セルフネイルでは知らなかったことを沢山学び、そのうちにネイルの奥深さ、魅力、可能性に気付き、どんどんハマっていきました。

◆◆ サロンオープンに向けて、考え方を改める ◆◆

◆サロンオープンに向けて、考えを改める

資格を取りスクールを卒業した私は、次にサロンオープンという目標を立てました。

その当時は早朝から肉体労働系の仕事をしていたので、毎日ヘロヘロになって帰宅。

帰宅後は家事育児に追われていたので、なかなかスムーズにサロン準備が進まず、焦りとイライラが募る日々。そんな中、現状を変えたくて受講したある講座がきっかけで、私の中で考え方が変わりました。


「未来を変えたいなら、今の行動を変えなきゃ。このままパート続けていたら、いつまで経ってもサロンオープンできない気がする」

そう気付いたことで、旦那と相談の上でパートを退職。その分空いた時間で、サロンのオープン準備に取り掛かりました。パートを辞めたことで自分の中でも色々と踏ん切りがつき、退職して2ヶ月後には、無事サロンをオープンすることが出来たのです。

◆◆ 私の目指すもの ◆◆

◆私の目指すもの

私が目指すのは「ネイルを通して女性のキレイを応援する!そして自分に自信を持つきっかけ作りをする」ことです。

私は産後すっかり自分に自信をなくし、毎日落ち込んで暗い気持ちで過ごしていました。そんな時に私を救ってくれたのが、他でもない「ネイル」だったのです。


人は外見を変えることで、中身もそこに合わせるように変化していくと言います。ネイルを施すのは指先のほんの小さな面積ではありますが、生活の中で頻繁に目に入る場所でもあります。

可愛く、キレイに彩られた爪先を見るたびに、心がウキウキする。自然と口角が上がって、表情も明るくなる。

そんな風に毎日過ごしていたら、段々と自信も沸いてくるような気がしませんか♪


プポンでは、新しい自分になるための一歩を踏み出す、そのお手伝いが出来たらと思っています。

CONTACT​

ご予約・お問合せ​

店名:POUPON(プポン)
住所:神奈川県横浜市港北区高田東3丁目24-11-2
電話:045-513-2317
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝日

店名:POUPON(プポン)
住所:神奈川県横浜市港北区高田東3丁目24-11-2
電話:045-513-2317
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝日

© 2020 by nailsalon-poupon